不妊の原因が不明の場合、妊娠しやすい時期に性交渉を行うタイミング法から始めます。
そして排卵誘発法、人工授精、体外受精と進めていくのが一般的です。
人工授精とは男性から採取した良質の精子を子宮内に戻して妊娠をサポートします。
一方、体外授精は生殖補助医療とも呼ばれ、卵巣から卵子を取り出し体外で精子を受精させ、数日後に子宮内に受精卵を戻します。

赤坂レディースクリニック(東京都港区)では初診時の診察後に体外授精について説明しますので、できる限りご夫婦揃って受診ください。
初診時の検査結果が出た後、結果を元に今後のスケジュールを立てます。
当クリニックは「特定不妊治療費助成指定医療機関」になっており、治療にかかる高額な医療費を一部助成する不妊治療助成金もあります。
自治体によって助成内容が異なりますので、詳しくはお住まいの自治体にお尋ねください。

ところで人工授精と体外受精の違いについてご存じでしょうか。
人工授精とは男性から採取した質のいい精子を選び、女性が最も妊娠しやすい時期に細いチューブを使って子宮内に入れ妊娠をサポートする方法です。
段階的に治療を開始し、結果が出なかった場合に体外受精へと進みます。
東京都港区の赤坂レディーズクリニックでは体外受精を希望されるご夫婦は初診時の診察後、治療についての詳しい説明をいたします。
初診時に行う検査内容は、女性は基礎検査(内診・超音波・採血)、男性は採血検査と精液検査です。
不妊の原因はさまざまですが、できる限りご夫婦揃って受診していただくようお願いいたします。