人が亡くなったという知らせは、いつも突然訪れるものです。
スケジュールの都合上お悔やみに伺えない、また遠方だから伺えないということはよくあることですが、そういった時に感じるのがいくらかの「申し訳ない」という思いです。
お世話になったのになぁ…とか、仲良くしていたなぁとか、これまでの思い出がよみがえって、最後のお別れにも伺えないなんて…と罪悪感にも似た思いを経験したことがあるのではないでしょうか。
そういう時にお勧めしたいのが、弔電を送るということです。
文面などは例文がありますから、失礼な文章じゃないかと悩むこともありません。
現代に弔電?と不慣れな方は思うかもしれませんが、実は葬儀の際に読み上げてもらえることが多いものですから、葬儀という最後の舞台に花を添えるかのような役割も果たしてくれるのです。
実際家族を見送った立場からすると、弔問客が多いほどありがたいと思うのと同様に、弔電も多いほどありがたく感じるものです。
さらにお線香やお花が添えられているものを選択すれば「伺えないけれどせめてこれを供えて欲しい」という気持ちがしっかりと伝わるものです。
実際にお線香や小物が添えられたものを頂いた立場としては、そのちょっとした気持ちがとても嬉しく感じました。
メールが主流である現代にアナログな印象があるかもしれませんが、だからこそ伝わる心というものもあるのです。
弔電やお悔やみ電報のご案内