私は趣味の合う仲間たちが集う、地域の絵画同好会に所属しています。
30代の主婦の方から70代のシニアの方まで、幅広い世代の立場も異なる男女が16名ほど所属しているのです。
毎週土曜日に3時間ほど絵を描いたり、時には半日ほど時間を作って近場にデッサンに歩いたりします。
そんな同好会仲間で絵画旅行を企画し、満場一致で近くて便利なうえ、環境も充実している箱根へ行こうということになりました。
箱根は温泉だけでなく、芸術的な面でも充実しており、彫刻の森美術館をはじめ、いくつもの美術館があります。
1泊2日でそのうち幾つかを巡って、芦ノ湖のほとりで絵を描くというプランを立てました。
当日は天気もよく、1泊なので下着程度の荷物に、何より欠かせないキャンバスと絵の具などを持って出かけました。
芦ノ湖で絵を描いていたら、外国人観光客に声をかけられて絵を褒められたりして、なかなか楽しかったです。
旅館では宴会場を用意していただき、大勢で夕食を囲みました。
温泉にゆっくりつかって浴衣姿で寛ぎながら、美味しい食事とお酒を気の合う仲間と食べるのは格別です。
旅館の露天風呂から見える景色もとても美しく、目に焼き付けておいて、旅行から帰ってきてから、その光景を絵に描いてみました。

こちらをクリック