昔の日本人は魚をよく食べていたこともあって、EPA DHAが豊富に摂取できていました。
しかし、現代人の食生活は欧米化にシフトしていき、魚を食べるのは習慣とは言えなくなっています。
そのため、EPA DHAが不足気味です。
では、EPA DHAが不足するとどんな悪影響が出るのかということなんですが、悪玉コレステロールが増加する、血液が凝固する、アレルギーの耐性が弱くなる、記憶力が低下するなどがあげられます。
そうなると、動脈硬化や認知症などの病気を引き起こす原因となります。
事実として、魚の摂取量が多かった時代、日本人の子供の知能指数が高いと言われ、同じように魚を多く摂取したイヌイット人は心筋梗塞による死亡率が極端に低いことが明らかになっています。
歴史的な食生活の事実から、EPA DHAの必要性を学べます。