優秀な人材は、企業にとって宝です。
どんなに優れた企業でも、人材が育たなければいずれは廃れてしまいます。
利益を上げるのと同じく優秀な人材を確保し育てるという事はとても重要なポイントになってくるのです。
優秀な人材を確保するためには、お給料も重要ですが、それ以上に入社することで得られるメリットをアピールすることが重要になります。
資格取得で特別手当がでたりするなど自己成長の機会を設けていたり、年功序列ではなく能力に合わせて昇給や昇進する評価システム、休日の多さや残業の少なさなど優秀な人材を惹きつける仕組みづくりが重要になります。

また、優秀な人材を確保するためには、採用戦略なども重要になってきます。
いくら優秀な人材が来たとしても、採用担当者が見つからないのであれば意味がありません。
採用担当者にも優秀な人材を配置することが重要になってきます。
また、同じく採用担当者が面接にしっかりと注力することができる環境づくりも重要になってきます。
例えば、面接日時の設定であったり、面接希望者とのやり取りなど面倒な作業を自動化することが出来る面接コボットなどのサービスを利用するなどし、採用担当者を後押しするような仕組みづくりを行っていかなければなりません。