渡辺パイプは1953年の創業当時は水道のパイプを現場に配達する仕事を業態としていました。
そのうちにもっと深いところまで掘り下げてお客様にサービスをしたいという事から現在のような資材、建材を取り扱う総合的なサービスを供給する企業へと発展してきました。
今では業界での位置づけもトップレベルになってきています。
企業というのはある程度のレベルに到達すると、その利益やノウハウを
一般の方のためにシェアしようとコーポレートレスポンシビリティ意識が高くなってきますが、渡辺パイプもそのうちの一社です。
財団を創設し、未来を担う子供たちに水が自由に使える便利さ、ありがたさ、大切さを教えたり、農業体験などをする促進をしています。
また水を使う農業の発展のために、グリーン事業部では温室の開発を手がけたり、と
当初事業がスタートした時の配達の事業からどんどんと社会に貢献する新しい事業を作り上げています。
日本の未来を担い信頼を運ぶ会社といえば渡辺パイプです。