貸出管理の音声通訳システムは要するに“ホンヤクコンニャク”にあと一歩まで近づいているという事だ。これが貸出管理業界に正式に導入されればレンタルシステムには恐いもの無しであると同時にレンタルシステムにグローバル化が容易に計れるという事もあってレンタルシステム業界でも大いに注目している。貸出管理のターゲットとしている取引先の国の言語をランゲージスクールに通って貸出管理に必要な言葉を修得しなくていいという事になる。レンタルシステム業界の発展に伴う語学学院の衰退に繋がるかどうかは想像に任せるとして、何かが生まれれば何かが消えるというのは貸出管理の適正な数を保つ上では仕方の無い事かもしれない。 今後レンタルシステムをもっと大きな視野で見た場合には貸出管理の更なる革新的なレンタルシステムを目指していくことが今以上の貸出管理の発展には不可欠になっていく。これをふまえて国内のみならず世界基準に焦点を合わせていくことが重要だ。http://yamato-logi-mieruka.jp/service/rental/